会社にカードローン利用がバレるのは心配

住宅ローンや車のローンなどは問題ありませんが、個人的なカードローンや消費者金融への借金があることを会社に知られると、やはり印象としては良くないでしょう。そのため、銀行や消費者金融も会社へバレないようにお金を貸してくれるのが一般的です。

在籍確認は個人名で

お金を借りるときには審査を受けますが、そこで勤務先への在籍確認が行われます。つまり、申込書類に記入してある企業に本当にその人が勤務しているのかを確認して、返済能力があることをチェックするものです。

この在籍確認は、たいていその金融機関の担当者が勤務先に電話で行いますが、この時には個人名で友人などを装ってかけてくれるので、在籍確認だとバレることはまずありません。「〇〇金融の~」などという電話がくるわけではなので心配しなくても大丈夫です。

カードローン利用が会社にバレる場合は?

現在は、貸金業者が正当な理由なく職場に電話したり押しかけたりといったことをしてはいけないといと、法律で定められています。そのため、通常は職場に借金がばれるような場合はありません。

しかし、どうしても連絡がつかない場合などは、正当な理由に当たりますので、勤務先に連絡が来ることもあり得ます。返済が遅れて、携帯電話や自宅に電話をしてもつながらず、郵便を送っても反応がない、という場合などです。勤務先にバレたくないのであれば、返済が遅れることのないように、特に注意するようにしましょう。